FC2ブログ
閑話 болтовня : マッサージとは?
Здравствуйте!(こんにちは!)

ちょっと一息。

先月、台湾へ行ってまいりました。
台湾といえば…風光明媚な景観ももちろんのこと、食、お茶、可愛い雑貨、そしてマッサージ。


淡水の夕陽・圓山大飯店
22117795_722615301266225_886032032_o.jpg22117795_722615301266225_886032032_o.jpg


「いつか一緒に海外へ行こう」と話していた友人と「食と癒し」をテーマに、台湾を満喫してきました。半ば強硬に(笑)マッサージにも毎日通い、いろいろなマッサージ屋で施術を体験してきました。
個人的には苦手な強い指圧を連日受けることは、果たして身体に吉なのか…と思いつつ、いろいろと発見がありました。


素敵すぎたリージェントタイペイ「ムーラン・スパ」 と温度計のあひる
22117795_722615301266225_886032032_o.jpg22117795_722615301266225_886032032_o.jpg

ところで、マッサージって一体何でしょう。

いくつか辞書をひいてみると、「~治療法である」と記載があります。
抜粋すると、「手や器具で、体をもんだり、さすったり、たたいたりして行う治療法。血行をよくし、筋肉や神経の機能を回復し、緊張をほぐして疲労をとる。保健・美容の目的でも行われる 」など。

疲れた時、頭痛や肩こり、むくみの解消、1週間頑張った自分へのご褒美…など行こうとと思うきっかけは様々ですよね。身体の声を聴いて、お店を探したり行きつけのお店に予約をしたりします。

システマを始めてから、私はあまりマッサージを受けに行かなくなりました。
月2~3回でも、クラスでリラックスあり、マッサージあり、バーストブリージングのハードワークありと、参加するだけで血行がよくなりリラックスできたからです。なので、今回は結構久しぶりだったことをすっかり忘れていました。

システマでは、ストライクやプッシュの時、「相手をマッサージするように」と言います。武術や格闘技で相手へ何かしらのアクションをすることは、通常、相手へダメージを与えることをイメージしますが、システマでは破壊でなく「癒し」と表現します。

モスクワ本部のキッズクラスでは、大人を相手に興奮気味の子供たちへ、「匍匐前進してくる大人達を食い止めるワーク」の説明をする時、インストラクターが「(向かってくる大人に対して)相手の身体の緊張している部分(いわゆる「テンション」の入っている部分)を、マッサージしなさい」と説明していました。
これ以外にも話していたので100%ではありませんが、とても印象的でした。我が子とワークをしにきていた大人は、子どもたちの2~3倍はあろうかという巨漢、または空手を30年やっている腕に覚え有りなパパなど、骨格も肉付きもがっちり。子どもが本気でかんしゃくを起こしても、ひきずられてしまう体格差です。
実際は子ども側が興奮してひっちゃかめっちゃかになるので、マッサージとはいきませんでしたが、子どもの頃からそうやって教えるんだな、と思いました。

懐かしい小さな練習仲間たち…元気かな…元気だろうな…
22117795_722615301266225_886032032_o.jpg


さて、台湾に話を戻します。いろいろな施術者に会ったことでいろいろと気づきがありました。
1日目は足つぼ40分(施術者の経験値不明)、2日目は同じお店で全身マッサージホットタオル付き120分(施術者の経験30年以上)、3日目に日本人の口コミによく出てくる店で足つぼ40分(施術者の経験値不明、ただし店で一定以上の経験を積んだ人でないと採用していないと明記あり)、4日目にシャンプーマッサージと高級ホテルの最上階にある設備パーフェクトのマッサージ60分とリラクゼーション45分を体験しました。


22117795_722615301266225_886032032_o.jpg


1日目:施術者の気がそれていると、相手にばれる
台湾では、お客と施術者が横一列に並んで営業しているお店が結構あります。施術者同士が気軽におしゃべりをしている店もあり、訪ねた2軒はそのタイプの店構えでした。私の担当者は、その日が初日という新人マッサージ師が隣にいたため、そちらに気を取られて、結構手がお留守になりがちでした。
興味深かったのは、指圧し続けていて、ツボも心得ていて、でも「気」がないとこんなに抜けた感じがするのか、ということでした。「気が逸れる」とこんなにも露骨に伝わるものかと驚きました。心ここにあらず、ワーク中に気を付けなければ…!?

2日目:経験年数が示すもの
前日の失敗を踏まえ、ガイドさんに紹介してもらい、30年以上の経験者に担当してもらいました。触れるところがすべてツボという星座の標本状態になってしまい、(これは凄い)としみじみ。これまでマッサージされたことのない脇周辺から体側含め、すべてのツボを押さえられた感があり、なぜか『北斗の拳』という漫画を思い出しました。途中で少し寝入りました。

3日目:痛いとやっぱりリラックスできない
システマで体験したスティックマッサージを彷彿とさせる超痛い足裏マッサージでは、施術者から「リラックス!!」と声がかかるものの、痛すぎて力が抜けず…。頑張って「弱くしてください」といったら舌打ちされ二重のダメージを受けました(泣)店内には日本から訪れたと思われるスポーツ選手や芸能人のサインが沢山貼られていましたが、きっとみんな強いのが好きなんですね…痛かった…。やっぱり痛いと、その瞬間のリラックスは無理…。

4日目:「人」と「場所」で動く心とリラックス
午前のシャンプーマッサージは、日本に本店があるお店の台北支店に行きました(日本語OK、施術も日本人向け、とあったので)。そうしたところ、たまたま私の担当が日本人の男性に。「日本人でスミマセ~ン」と言われながら、確かに不思議な感じがしました。技術はさておき、(あー地元の人だったらどうだったのだろう…)と考えてしまう自分。もちろん頭はすっきりしましたが、ちょっともやもやしました。一体自分は何を求めているのか(笑)
同日午後の、今回一番期待大だったムーランスパ。
ホテルの最上階、2人部屋にしてもらってホテルの一室でくつろいでいる感じで、シャワーを浴びてからお茶、足湯、それぞれマッサージ、お菓子とバスタイムの流れでしたが、このマッサージの時、初めてぐっすり眠ってしまいました。
「もっと弱くしてください」と遠慮なくお願いしたところ、快く聞き入れてくれてオイルマッサージ開始。その痛みはないけれど流れていく感じに安心したのか、早い段階から意識が飛んでいました…!
設備が豪華すぎて友達と盛り上がったのもありましたが、もてなしも含めて要望を聞き入れてもらえる安心感は、身心ともにを包みこむものだなと思いました。これもまた、相手とのキャッチボールというか。


連続でマッサージを受けた気づきは、自分が何を求めてマッサージに行くのか、また施術する側の人間の在り方です。

お店の方針にもよるのだろうと思いますが、
「これが自分のやり方だ。効くのだ!!」とぐいぐいやる人。
相手の身体の様子をみながら、施術する人。
ただ機械的にあてがわれた客をこなすだけの人。

日ごろマッサージする機会があるので、良い勉強になるとすべて体験してみて、こんなにも施術者側の気持ちで左右されるものかと驚きました。する側のエゴが強いほど、受ける方は苦痛に感じます。相性がよければ感じないかもしれませんが、「そんなによくなかった…」という感想に現れてくるようです。

システマも同じかなと。
相手を癒す、この拳で…!!と押しつけすぎないように(笑)
無にして臨みたいなと思いました。


☆プチ台湾 観光コーナー

台北101
22117795_722615301266225_886032032_o.jpg


占い大当たり 龍山寺
22117795_722615301266225_886032032_o.jpg


夕暮れの九份
22117795_722615301266225_886032032_o.jpg



[ 2018/04/17 16:51 ]

閑話 болтовня : | コメント(0) |
<<第7回、無事終了しました | ホーム | 第6回、無事終了しました>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |