FC2ブログ
Moscow 第50回 オペラ鑑賞
日本の友人に薦められ、ロシアの誇る舞台芸術に触れることに。
現地でのチケット入手とかよくわからないし…と目をつぶっていたものの、もう時間がないので猛アタックし、勢いでオペラとバレエのチケットをネットで購入した。
※お目当ての劇場がわかれば、インターネットがつながれば購入できます(カード決済。直接KACCAに行くのもあり)。
例:Moscow International Performing Arts Center
https://www.mmdm.ru/en/content/afisha(大きい劇場だと、ロシア語・英語両方あることが多いらしい)

今日はまずオペラ。
場所はトベルスカヤ、チェーホフスカヤ駅など3つの地下鉄が近い「スタニスラフスキー&ネミーロヴィッチ=ダンチェンコ記念モスクワ音楽劇場(The Stanislavsky and Nemirovich-Danchenko Music Theatre)」。
そもそも、チケットが大分安くて驚いている。前から二列目で、約2000円。こんな安いの?と勢いで別の劇場でバレエのジゼルを予約するも、これも前の方で約3600円。日本でバレエやオペラといったらもう少し高いことを覚悟するし、ステージも荘厳で服装もおしゃれしないといけないのでは…と思ったら今日は「small stage」。一体どんな劇場なんだろう。

今日の作品は、某旅行会社の情報によると、邦訳では「オルフェウスの寓話」と「アリアドネ」。
内容も出演者もよくわからないまま、授業とシステママッサージを終えて急いで向かう。

22117795_722615301266225_886032032_o.jpg22117795_722615301266225_886032032_o.jpg

サーカスの時と同じく、クロークにコートなどを預ける。これは冬の厚着が当然な国柄か、劇場とはそういうしきたりなのか、とにもかくにも家の中で過ごすように身軽に舞台を楽しめて本当にいいなあと思った。クロークも広くて、係の女性が沢山いる。小さな図書館にまであるくらいだ。日本ではちょっとした劇場でここまで用意するのは難しそうだ。ここは芸術の街なんだなあとしみじみ(ヨーロッパはもっとすごいのかな)。

22117795_722615301266225_886032032_o.jpg22117795_722615301266225_886032032_o.jpg
今回の小劇場はおそらく正方形。四角の隣り合った二面に観客席、その間にオーケストラがいて生演奏。観客は舞台を見下ろすまたは目の前でみる距離の近さ。観客の雰囲気がとてもよく、週末の金曜の夜、友達同士、夫婦や若いカップル、幅広い年齢でいろんな人がいた。パンフレットを片手に話し込んだりしている様子に、お目当ての舞台を観に来たんだなあと思った。日本の友人の舞台を思い出した。

休憩時間20分。何か食べないと…って高いけど美味しかったサーモンサンド(350P…本当に高っ)
22117795_722615301266225_886032032_o.jpg

建物の中は赤と白が基調のシンプルな内装
22117795_722615301266225_886032032_o.jpg

日本でも1976年に公演していた「白鳥の湖」。
いきなり漢字が出てきてびっくりした
22117795_722615301266225_886032032_o.jpg

感想は、物語はわからなかったものの、とても面白かった。演出が凝っていて、壁の模様かと思っていた渦巻模様のいくつものリボンが、劇中で出演者達によって一斉にほどかれ、ステージがリボンだらけになったり、さらにそれをまとめて歌い上げる女性歌手の迫力や、天井から吊るされた赤い紐が物語のキーを暗示していて、軽妙に動き、それに小さな帆船を結んで主人公たちの上を旋回させたり…コーラスをあえて劇場外で響かせることで船出の様子を表現したり、とにかく初めてだったので、そういった演出がとても面白かった。カーテンコール中に普通に観客のおばあちゃんが花束を渡しに行っちゃったりもして(笑)とにかく近いので、演者の胸が息も切れんばかりに上下しているのも見えた。観客も小さな声で話したり、ブラボー!!と盛り上がったり、知り合いのステージかと思うような距離の近さだった。あとから旅行会社のサイトでみると、ここはボリショイ劇場より安価でチケットが入手できるので、市民から愛されているとのことだった。
卒のない演技を観ていて、またもやシステマを思い出した。サーカス同様、ちょっとミスかな、と思うことがあっても、全員が滑らかでどこにも緊張の生まれない動きをするので、劇中に小道具を引き揚げていても全く気にならない。チケットの値段で考えてしまったけれど、相当な訓練を積んでいるのだろう。「逃げるな、怯えるな」と今朝のクラスで言われたことを思い出したり、どうしてもシンクロしてしまう(笑)ロシアでシステマや演劇のワークショップに参加し続けたりしたら、なんか人生観が変わりそうな気がする。

モスクワはGoogleMapでみると本当に劇場だらけ。人形劇場もあるしサーカスやコンサートホール、バレエもオペラも開ける規模の所が沢山ある。もちろん興味のあるなしはあるけれど、とにかく安いので機会があったらおすすめ。
作品や規模にこだわりがあったらよく見極めて日本から予約していった方がよいかもしれないけれど、今日の劇場は面白そうなので、またいってみたいなと思った。


●今日のロシア語

Билет(ビレット) チケット

(2017.11.17)


[ 2017/11/18 08:32 ]

Moscowでの生活 | コメント(0) |
<<Moscow 第51回 11月の週末セミナー | ホーム | Moscow 第49回 トレーニング追加(3)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |