FC2ブログ
Moscow 第26回 ザイコクラス(17)
夜のクラス。
キッズクラスに少し出て、1時間休憩をはさんで開始。

今日は朝来なかった人や、キックボクサー、先週のあんちゃんと女性と、他にも沢山の人が来てにぎやかだった。
スティックを使ったワークをやりたい、とリクエストしたところ、「それで何したいの?」といいつつ、「How to use スティック」とザイコ。女性同士で、となりそうだったけれど、先に来ていた達磨氏に今日もお世話になった。他の人達はスティックなしで、こちらと同じことをしていた。

●2人組で、1人がスティックで攻撃、受ける側が相手の動きをとってからスティック側は動き出す。最終的には、スティック側をテイクダウンしてスティックを取り上げるところまでいく。

決められたルールではないけれど、達磨氏は厳密なので、動く前にとれないと動かない。また、途中でつながりがきれると「lose me」とか「lose you」といって仕切り直しになる。ただ、そこから続けて続けて…とやめないことも何度も練習した。

ずっとこのワークをやっていて、時々ザイコがスティックを構えて「ほら、だからそれダメ」という。至近距離でスティックを向けられると、しかも顔だと、怖い。適当でなく、完全に狙われていることがわかるから。「うたないよ」というけど、それでも怖い。
でもそこで硬くなると達磨氏もいうように「I catch you」となってしまうのだ。怯えて固まった瞬間にとらえられてしまう。
動き始める前に、スナイパーに狙われているように狙いを定められた時(スティック側の達磨氏がどこを狙っているかまではわからない)、自分のどこかに緊張や力みがある。それは逆も然りで、「ここ」と決めた時、達磨氏は大概動けなかった。それは、そこに緊張がある、ということなのだ。自分がやる時は無意識で、つい忘れてしまう。

朝のストライクを、遠隔操作でやるような。
ただ、そこを狙うことを失念すると、まったく別のことになってしまう。
今日もザイコにしこたまやられていたあんちゃんをみていると、あんちゃんは見えなくなっていた。が、あそこまでやられたら、見てられなくなる…。あんちゃんは、正直に「痛いよ!昨日もそこやられたけど、腫れたちゃったよ!」とか正直に文句をいっている。珍しい光景のように感じるけれど、本来こうあるべきだよね、とほっとする。

位置はどこか。


■夜食
22117795_722615301266225_886032032_o.jpg
残りものと、ヨーグルト。似たようなものばかり…にみえるけれど、とにかく美味しいし、ヨーグルト意外な、同じものはみたことがなく、まったく飽きない。この前に夜クラス前にスシを食べる。昼はグリチカだけだったので、お腹がすいてしまった。よく食べているのか、少ないのか。仕事中の間食がなくなったから、多少は健康的なのだろうか…


●今日のロシア語
Ηе за что(ニェーザシトー) どういたしまして

(2017.10.17)


[ 2017/10/18 13:26 ]

Moscowでシステマ | コメント(0) |
<<Moscow 第27回 晴れの日 | ホーム | Moscow 第25回 ザイコクラス(16)/マッサージ待ちの客>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |