FC2ブログ
Amsterdam 第8回 Systema friendsとの観光
セミナー終了の翌日、滞在最終日。

Mikhailを見送った後、トラムで移動し、市街で買い物とオランダ国立美術館へ行きました。
このトラム、大きなサイズで、かつ乗ると立派な受付コーナーがあって係員が座っています。
とても面白い!!
22117795_722615301266225_886032032_o.jpg22117795_722615301266225_886032032_o.jpg

乗車システムは、日本のバスと似ていて、チケット屋さんで7.5€の1日券を買って、乗車時と降車時にタッチして乗り放題。
公共の乗り物もとにかくデザインやフォルムが素敵で、すっかり憧れの街になりました。
雑貨屋さんもかわいくておしゃれ。Fashionableなお店の傍らにチーズ屋さんやチューリップの球根屋があって、オランダらしさを感じました。
22117795_722615301266225_886032032_o.jpg22117795_722615301266225_886032032_o.jpg
22117795_722615301266225_886032032_o.jpg


Trontから来たジェイミーと、見送りに行ったArendとDenisとDam広場で合流。
Koninklijk Paleis(王宮)と、Magna Plaza(元郵便局本局のshopping center)を横目にカフェでお茶をして一息。
22117795_722615301266225_886032032_o.jpg

圧巻の国立美術館はレンブラントとフェルメールなど名画の嵐、そしておしゃれな展示室は飽きることなく、素晴らしいの一言でした。
しかし撮影は自由、ガラス等で覆われることもなく、触れられる距離で見ることができます。赤ちゃんも子供も自由には入れて、でも中はとても静かでした。話しながら見ている人もいるのですが、この静けさが素晴らしい、と伝えたところ、Odileが「この建物の影響ではないかしら。使われている建築資材などが影響しているんじゃないかと思うの」とのこと。
そして男子大好きなオランダ海軍の武器コーナー。別に好きじゃない方もいるかもしれませんが、Arend、Denis、Jamieが銃や刀をはじめとする相当数の武器庫で盛り上がっていたのが印象的でした。



歴代の王妃が身に着けたであろうレースや、人形の家、日本の柿右衛門に中国の陶器などもあり、素晴らしい芸術が、オランダにまで到達していたことを知ることができました。



システマ仲間とこういった芸術を鑑賞する場所で一緒に過ごせたことは、本当に一生の思い出になりました。
特に感動したのは、Arendの気配り、たたずまい、歩き方。非常に素晴らしかったです。広大な美術館に散らばっている仲間がバラバラになっても、見所を押さえられるように、気づくとそっとやってきて、「ここもいいんだけど、この先にもっと素晴らしいコーナーがあるんだ」と連れて行ってくれました。「遅いよ」とか「もう閉館だよ」とかせかすことなく、静かにやってきてそっと案内してくれるので、誰一人「まだ見てるのに」などの違和感を感じることはありませんでした。また、芸術に対して皆興味を持って静かに夢中になっていた姿も、本当に印象的でした。
美術館見学後、外が寒かったこと、またこれからMoscowに行った後どうなるんだろうかなど、不安に駆られていると、そっと「Makiko
」と背中に手をあてて、声をかけてくれたArend。そして常にみんなが快適に過ごせているか思いやりながら、いつも笑顔のOdile。
お互いを信頼し、深い愛情を持ちながら、みんなを心からもてなしてくれた二人。

この2人と出会えたことは人生の宝になりました。こんな風に、いつでも前向きに、でも常に楽しく、愛情をもって過ごせる夫婦になれたらいいなあと思いました。

海外のSystema仲間と会場以外でともに過ごしたのは、今回が初めてでしたが、いつでもどこでも大変快適でした。さすがだな、と思う各国のinstractor達の立ち振る舞いとたたずまい。見習うんじゃなくて、自然にそうなりたいものです。

(2017.10.3)


[ 2017/10/05 05:24 ]

あちこちでシステマ①Amsterdam編 | コメント(0) |
<<Moscow 第1回 到着、街へ | ホーム | Amsterdam 第7回 セミナー2日目>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |