FC2ブログ
ロシア語で(по-русский):3月8日は女性の日
昨日の話ですが…

facebookで、ダニール・リャブコやコンスタンチン・コマロフが花や数字の画像とともに女性へのメッセージを投稿していました。
一体何があったのかというと、昨日は日本語でいう「女性の日」でした。
ロシア語で書くと、

Международный женский день
(国際婦人デー・国際女性デー)

となります。長すぎて匙を投げたくなりますが、
単語を分解すると、次のようになります。

■Международный(メジドゥナロードゥヌィ=国際) 
※Между-(接頭語:メジドゥ=~の間)、народный(形容詞:ナロードヌィ=国民の)

■женский(形容詞:ジェンスキー=女性の)

■день(ディエ二=日)

この日は、ロシア独自のお祝いというわけではなく、起源はアメリカ、1904年に女性労働者が婦人参政権を要求した日が元となり、世界に「女性の日」として広がっていたものです。
この3月8日という日は、実はロシアにおいてはロマノフ王朝が倒れた2月革命の日(旧暦2月23日)でもあったため、昔は政治的な意味を帯びた記念日だったそうですが、今は政治に絡むことなく、「女性を祝う日」と位置づけられている…と、ロシア語の授業で教わりました。
ナターリア先生によると、この日、男性は女性に、花束とケーキをプレゼントするそうです。
花は、ミモザやチューリップなど、この季節に咲く春の花が一般的とのこと。
黄色く小さくて可愛いミモザの花束をプレゼントされるなんて、いいですね(*^_^*)


●この日、時期的にもホワイトデーのようなイメージですが、バレンタインデーに似たロシア・オリジナルの「男性の日」もあります。
毎年2月23日、近年では「祖国防衛者の日」と呼ばれているようです。

ロシア・ビヨンドによると、この記念日がなぜこの日に制定されたのかは明確でないようですが、記録には残っていない「1918年にドイツ軍を撃退した日である」…という説が定着し、名前を変えながら定着したとか。
しかし、現在では、軍人でなくても一般男性が皆、感謝の対象になる日となっているそうです。
参考記事:ロシア・ビヨンドhttps://jp.rbth.com/arts/2017/02/23/707578


実は国際男性デーもあって、11月19日だそうですが、日本ではどっちもまったく定着していない気がします。
日本は戦後になってようやく婦人参政権が認められたことを思うと…国民性の違いを痛感せざるを得ませんが…

まあ、バレンタインやホワイトデーとはまた別に、こういう日を祝ったり感謝したり、というのは、悪くないですね!




↑日頃のトレーニングを配信中!


#システマ #ロシア語 #健康 #Система #Systema #ロシア武術 #護身術
[ 2019/03/09 15:22 ]

ロシア語で | コメント(0) |
3/6、8 基礎クラス・ワークのメモ
Добрый день!(ドーブルィ ディエニ=こんにちは!)


福山も大分春めいてきました。武道館の近くは、もう桜が7分咲き🌸
22117795_722615301266225_886032032_o.jpg


ってこっちは満開((;゚Д゚)))))??!!
22117795_722615301266225_886032032_o.jpg
武道館の入り口に、立派な杉の木が…。
目撃してしまったせいか、トレーニング中、くしゃみが止まらなくなりました。
隣の居合の方にご迷惑をおかけしそうだったので、あわててマスク装着。
呼吸が苦しくなったところで、今週から始めた基礎クラス、1人ワークの内容メモです。


・歩く(10分)
 色々な方向へ/ドタバタしないで、一定のスピードを保つ/目を閉じて音を頼りに歩く

・武器でマッサージ(各5分)
 スティック(長・短)/ウィップ(ボルチャッカ・ナガイカ)/ガン(ゴム・ガス)/ナイフ(刃の部分が長め、短め)/スコップ/チェーン
 それぞれの武器の仕様を確認。
 道場内の壁、黒板、柱、段差、大きなスプリングマット、柔道用のゴムチューブなどに色々な部位を当てて、どんな風に使えるかを確認する。

・武器に導かれて足以外で歩く(各3分程度)
 腰、膝、ローリング、匍匐前進、仰向け前進などいろいろな姿勢で/片手・両手持ちなど状況を変えて
 

以上です。大体1時間半くらいでしょうか。
一度に手元にある武器全部触れるなんてやりすぎなんじゃと思いましたが(そういえばシャーシュカを失念していました)、時間を区切って強引に全てに触れていると、あーこんな風に使えるんだと発見すること山の如しでした。

武器に関する「自分の好み」や、全ての武器に共通する「好みの持ち方」には、その人なりの共通点があるような気がしてきています。
どれも日常生活で使いませんけど(笑)例えば銃、撃たなくてもこうやったら立派な武器になるなあという位置がありました。

数年前、ミカエルが東京で銃のワークをやった時、ミカエルが撃たれる側にも関わらず、既に構えている相手に撃たせない、撃たれる前に取り上げてしまう場面を目の当たりにしました。
さらにDVDで販売されている「システマ槍術」で公開されていますが、自分より明らかに長い槍をいとも軽く扱う様子にも度肝を抜かれました。当時私は、軽いスティックでさえずっと持っていると重いと感じ、さらに自分では持ち上げられないほど重かったあの槍を、ミカエルがいとも軽そうに持って振り回す姿は圧巻で、三国志とかに登場する伝説を目の当たりにしているような気持ちになったのを覚えています。魔法のスティックみたいに見えました。

ミカエルはオランダでも、朝食時に手に持ったナイフをくるくる回して、手を動かし続けていました。
彼にとって手に触れるものは、すべて何かしらワークに活きるのでしょう。

よくわかんないなあ、という方、日常生活で使うちょっとした刃物など…ハサミやカッター、包丁やステーキを切るナイフでも良いのですが、おそらく他の人と比較すると、手の大きさや男女差等々で微妙に力点や持つ位置が違うのではないかと思います。
といっても、日本人の手に収まるように作られているモノばかりですから、大きな違いはないかもしれませんが。

システマで使う武器はその何倍も大きいわけですが、そうなるともっと差が出てくるのではないでしょうか。
特にシャーシュカは、私は小さいので、普通のサイズだと引きずってしまうため、短い方が良い、と言われたことがあります。
シャーシュカのような一生ものは「自分に合うサイズ」を探した方が良いのかもしれませんが、このトレーニングを通じて、モノにとらわれない心地良い位置を見つけていきたいと思います。
生活の様々な場面で役立つのではないでしょうか。

あ、基礎クラスは、いつもこれだけの予定ではありません。
もし誰かいらしたら、このワークを2人バージョンに発展させていきますので、ご安心を!




↑土日クラスのトレーニング、絶賛配信中!


#システマ #福山市 #護身術 #Система #Systema #ロシア武術


[ 2019/03/09 14:32 ]

ふくの山でシステマ | コメント(0) |
| ホーム |