FC2ブログ
Moscow 第30回 鬼ごっこ
今日は土曜のキッズクラス。

体調がいまいちで午前のレフ、途中の大サーシャもさぼって、夕方のキッズクラスがすでに始まった頃にポリーナと朝食を食べていたので、行くには遅すぎた。
しかしマッサージ待ちで出会ったガリーナが、「土曜日来る?この子達、土曜に行くのよ」と声をかけてくれたことを思い出し、終わる頃になってしまったにもかかわらず、向かってみることにした。

途中でカフェ探しでもして、気が向かなかったらやめよう、と思いながらたどり着くと、「四つん這いボール取りっこ」をやっているところだった。
その後、円陣になって1人をみんなでプッシュしてパスするワーク。
ガリーナの息子のアントンがはじめに真ん中でプッシュされるのをやっていたけど、不意に抜けた。
誰かのプッシュで腹部に痛みが残ったのか、壁際で呼吸して元に戻そうとしている。自分の意志で行動に移し、言葉で説明している様子にえらいなあと思った。我慢しない。アレクセイが整えてあげて、アントン復帰。
1人ずつやっているうちに数を数えることに。これ、本当にありがたい。数を覚えられる!!
「日本語で数えてよ!」といわれて日本語でカウント。みんなすぐ覚えてしまった。賢い。
その後、大人たちはアレクセイのストライク講座、こちらは自然と鬼ごっこ(ロシアでは鬼ごっこ、といわないのかもしれない)を始めた。
鬼ごっこはいつも突然に、だ。

今日もお世話になった仲間たち。みんな大きい…!っていうか完全に遊んでもらっている。
後ろの赤いシャツのおじさんは、どうもアナとアントンのパパか。空手をやっていて、「オス」と何回かいわれた。
22117795_722615301266225_886032032_o.jpg

そして勉強になる。

「Κто вода?!」(誰がвода?!)
「Ты вода!」(お前がводаだ!!)
「Я вода!!」(ボクがводаだよ!!)

この「вода」という言葉は、一緒に遊んだ子がスマホにうってくれたのだけれど、ぱっと調べても出てこないのでそのまま記載する。少し年長の子にも聞いてみたけれど、誤りではないらしい。
ワークの中では「帽子の取り合いっこ」が鬼ごっこな感じだけど、とにかく勉強になる。ひと騒ぎした後、「お茶だぞー!!」という声に半数が「Чаи(チャイー)!!!」と奇声をあげて出て行き、残ったメンバーにグレゴリーが「さあ、クールダウンするぞ」といって、部位を教えてくれながら呼吸をして整える。

包丁がスイカに突っ立っている。超ひょうきんなアントン!お菓子食べ放題!!
22117795_722615301266225_886032032_o.jpg

その後、お茶を飲みながらロシア語と日本語講座。
もう一度一緒に数を数えてもらい、テンションが入る、リラックスする、なども教えてもらう。
今日も本当に勉強になった。明日には忘れてそうで怖い…これを大人クラスに活かさねばならん。


●今日のロシア語
напряженче(ノペルジーニ) 緊張する…テンションがある…というような趣旨らしい。怪しいけどワーク中に本当によく聞くので、あくまで参考で載せました。違ったらごめんなさい。

(2017.10.21)


[ 2017/10/22 03:26 ]

Moscowでシステマ | コメント(0) |
Moscow 第29回 競馬場
毎朝、この部屋(アパート最上階の8階)から、馬が、人の乗った荷台をひいている…その訓練をしているらしい様子が見える。
馬が走っている。
なんて牧歌的な風景だろう。初めて見た時、なぜか幸せな気持ちになった。ここはロシアだ…(勘違い)!

注)写真に馬は写ってません。左側に、とても小さくコースの一部のみ。
22117795_722615301266225_886032032_o.jpg

アパート前の通りは日夜問わずガンガン車が走っており、もちろん馬車が走る時代ではない。けれどもどうも荷馬車のようにみえて、この広大で、しかし謎の敷地について誰かに聞きたかった。Google MAPでみても出てこない。そこで今朝、また深夜に帰ってきたと思われる娘のポリーナに聞いてみた。

「馬車 馬 走ってる」「あれは何ですか?」
「馬車?馬車…?馬。えーと…ああ、あれ競馬場よ。土曜日だけやってるの」
「土曜?今日?」
「え?今日?あ、そうね!今日はレースをやってるわ」

競馬場!!
ってことはここは大井か府中競馬場の前に建っているアパートってことか…!なあんだ。ポリーナによると、ママは行ったことあるけど、私はまだなの、行ってみたいけど忙しくて、とのこと。いやー私も行きたい、と言いたかったけれど、府中で片っ端から単勝を買って地味に損したり得したりしていたことを思いだし、はまったらいかん、と思って言い出すのはやめた。
しかし、ロシアの競馬ってどんな感じだろうか。気になる。
本部に行く途中、よくよく入り口をみたら、遥か高い位置に馬の銅像がやたら沢山あった。そうか、競馬場だから馬だったのか。納得した。

これまた遠目だが、女性の大きな顔の真横、すぐ右に少し馬が見えるだろうか。そこが門らしい。
22117795_722615301266225_886032032_o.jpg

●今日のロシア語
Ипподром(イパドローム) 競馬場 ※また、「бега」ともいうらしい。ポリーナによると、この通りの名前「Беговая(べゴヴァヤ)」の由来でもあるとのこと。「競馬場通りってこと?」っといったら、「違う、その周りの、というような意味よ」とのこと。
 

(2017.10.21)


[ 2017/10/22 03:26 ]

Moscowでの生活 | コメント(2) |
| ホーム |