FC2ブログ
Moscow 第6回 ザイコクラス(3)
今朝のザイコクラス。

Amsterdamのパトリックのところでシステマをやっているという長身の男性が参加。ミカエルセミナーに出たよ、といっていた。とても懐かしく、とても嬉しかった!
スティックを使ったウォーミングアップで、つま先蹴りでいろいろ修正を受けたものの、動きがいい、とほめていただいた。

ザイコ「何したい?」
男性「ナイフワークを」
ザイコ「なんで?」
男性「怖いからです」
ザイコ「何が?」
男性「痛みが怖いんです」
ザイコ「何か怖いもの~、怖いもの~♪」と外へ探しにいき、シャーシュカをもって戻ってくる。

彼のリクエストにより、鉛筆の芯を指に押し付けられて超痛みを感じてからの、全身に散らす感覚を覚えてからシャーシュカへ。
目の前に突き付けられ振り回されるシャーシュカに緊張すると「いつも通りに」とザイコ。
しかしまた、これでもかというほどカームでうまい人が登場し、練習相手になってくださる。もの凄いレベルの高さ。
参加者は皆穏やかで、ゆっくり動くことと笑顔を忘れない。
相手のミスも自分のミスも、武士のごとく、心穏やかなまま受け入れ、次に進む。動じない。すごい。

●内容は概ね次のとおり。
・スティックをもって床に座り、お尻歩きで前進(足が体を引っ張る。体が進むのではない。足をパタパタさせない)
・同上、後進
・仰向けになり、万歳の姿勢で床から5センチほどの高さにスティックを浮かせ、背面前進(リラックスして。スティックに引っ張られる)
・うつ伏せになり、スティックを頭~背中に乗せて匍匐前進(スティックが導いてくれる。自分が進むのではない。)
・仰向けになり、同じくスティックを体の真ん中に乗せて前進
・痛みと恐怖は一体化している…ということを鉛筆を指先に押し付けて確認。ただ痛がるのと、全身で受ける感覚を感じるのと。
・シャーシュカを目の間近、鼻先に突き付けられても平静に
・2人組で、一人がシャーシュカで相手を切りに行き、一人はそれをよけ、取り上げてテイクダウンなど
 (真剣に斬りにいくこと。それは「やる真似」ではない。そこにテンションは必要ない)

ブンブンシャーシュカを振りまわすザイコに、ひきつっているオランダの人の恐怖が伝わってきて、こちらまで顔がこわばってしまった。

頭や体が動かすのではなく、導かれる動き。中からあふれる動き。
ずっと同じコンディション、状態で動くこと。エモーショナルに振り回されないこと。
どのクラスに出てもずっといわれていること。
(2017.10.5)

[ 2017/10/05 23:57 ]

Moscowでシステマ | コメント(0) |
Moscow 第5回 ランチ
10月5日、今日から語学学校が始まるということで、在住の小金さんにご案内していただくことになりました。
一緒に昼食を、ということで、TOROGRILへ!
おすすめのローストビーフに、レモネードのストロベリーをオーダー!

800PでMoscowの丸の内を体験してまいりました!リッチ!!


[ 2017/10/05 08:37 ]

Moscowでの生活 | コメント(0) |
Moscow 第4回 語学学校へ(1)
22117795_722615301266225_886032032_o.jpg

ついに語学の授業が始まりました。
もうガチでまったくわからず。
英語で少しフォローしながら、発音から始めるも、つらつらっと話されるとまったくついていけない!!

建物に入る門のところで、日本人の方とばったり会い、小金さんに紹介していただき、ご挨拶。心強い限り!
パスポートをみせろ、と言われてプーチン似の門番にびびりつつ、小金さんの心強いサポートで無事学校へたどり着く。

先生のイリーナは幼稚園児に教えるように優しく教えてくれるけど、お腹いっぱいで少し眠かったりでボケボケの状況ですみませんでした…。
お土産を渡したら喜んでくれて、さっそく学校の職員と食べていました。
ちょうど同じ時間帯に日本人が個人レッスンを受けていて向こうのご好意でご挨拶タイム。
平日1日2コマ、頑張ります。

窓はOKHÒ(アクノー)、バッグはCyMKa(スィンカ)!

(2017.10.5)
[ 2017/10/05 08:36 ]

Moscowでの生活 | コメント(0) |
Moscow 第3回 大サーシャクラス(1)
Moscow2日目、ステイ先を探しにいったら迷子になり、残り45分くらいで大サーシャのクラスへ。

2年前に滞在した時、大サーシャのクラスは大盛況で、ガンガンみんなが汗かいてアグレッシブにシステマやってる感じだったので、その雰囲気をイメージしていたので少し気が引けながら、いろいろなクラスを観ようと参加してみたら、なんと5人。
雨のせいか、すごく静かだった。

途中で指導してくれたミーシャという男性インストラクターが帰ってしまい、途中から初めて間もなそうな女性と、坊主頭にラガーシャツの兄さんと練習。
その後ふっくらおじさんと練習したけどまたこの人がうまい。どうテイクダウンすればいいか、ザイコ風にいえば勝手に導かれる感じがした。決してやらせダウンではなく。

●終わりかけだったけど、ワークは次のとおり。

・2人組で1人が両手を使って相手をプッシュ。大サーシャが手を叩いたらテイクダウン
 (受ける方は角度45度、手をだらんとしないで常に構えて、とミーシャ。)
・※聞いた話
 ワークのスタート時は、受けたプッシュを両腕で抱えるようにして一歩下がって吸収し、相手をテイクダウンする、というワークをやっていたとのこと。

大サーシャは、あまりやってくれ、といける感じがしないけど、一度だけ笑いながら相手をしてくれた。
その時の、体幹が示した明確な方向性。
Directionが明確に見えた。でも決してForceやWeightじゃない。

ふっくらおじさんへの「テイクダウンの時のDirectionがすごくいいと大サーシャが褒めてたよ」とふっくらおじさん。
すごく親切で、「初めはこういうワークをやってたんだ、その流れで最後の2人組のワークだったんだ。わかったかな?」と何度もやってみせて教えてくれた。すごく柔らかい人だった。
また大サーシャのクラスに出たいなあ。

(2017.10.4)
[ 2017/10/05 08:35 ]

Moscowでシステマ | コメント(0) |
Moscow 第2回 ザイコフスキークラス(1、2)
いよいよMoscowでのトレーニング開始です。

第1弾、第2弾はザイコフスキークラス。

●内容は概ね次のとおり。
・スターティングはでんぐり返し(前回り・後ろ回り)
・2人組でプッシュ
 (手だけじゃなくて全身で。手を空にしない(not empty)。テンションを抜いて(顔、腰、肩、手))

いわれたのは「流しだすように。でも流しだすんじゃない」。
「手とパワーは違う。内側から出して(including)」

感じたのは、「before thinking」。考える前に動く、導かれる身体の動きが本物か、というところ。
ザイコフスキーにやってもらって感じたのは、人のパワーを自分のものにしてしまっているような感覚。
それはAmsterdamでもずっと組んだ人たちにいわれてきたことでした。

「whithout force」

力じゃないんだよ、と。ここまで皆に浸透しているのか、と感動したのは私だけかもしれませんが、素晴らしく参加者がカームでした。それはMoscowへ続く道だったんだと、ザイコフスキーへの参加者をみて、実感した次第でした。
今日から、クラスでやったことなどをアップしていきたいと思います。
(2017.10.3‐4)


[ 2017/10/05 08:35 ]

Moscowでシステマ | コメント(0) |
Moscow 第1回 到着、街へ
Arendにチェックインまで付き合ってもらって、いよいよ出国。

5日前までほぼ遠い存在だった初めて会った仲間達も本当に別れが惜しかったけれど、空港内も深夜便待ちの人々がいよいよロシア風になってきてさあ無事離陸…と思ったら超大きなおじいさんと赤ちゃん連れのお母さんに挟まれて、席からまったく動けない状態に。
狭いところが苦手ながら、赤ちゃん含む3人とも良い人なのでいけそうと思って眠りにつくも、激しく揺れだす機体に疲れた体が悲鳴をあげてついに酔ってしまいました。
へろへろで夜明け前のシェレメチェボ空港へ到着。
22117795_722615301266225_886032032_o.jpg

まだアエロエクスプレスも動いていないので、旅行会社の勧めにしたがって駅の真上のカプセルホテルで4時間休憩。
22117795_722615301266225_886032032_o.jpg

インターネットがまったく使えない状態ながら、地図と記憶を頼りに駅を出発。
22117795_722615301266225_886032032_o.jpg

花売りのおばさんに道を聞いたりしてなんとかスルタン5へ到着。
その後も「ドアが開かない!!」と半狂乱になったり、システマーらしからぬ行動連発でしたが、無事Moscowに着きました。

(2017.10.3)

[ 2017/10/05 08:33 ]

Moscowでの生活 | コメント(0) |
Amsterdam 第8回 Systema friendsとの観光
セミナー終了の翌日、滞在最終日。

Mikhailを見送った後、トラムで移動し、市街で買い物とオランダ国立美術館へ行きました。
このトラム、大きなサイズで、かつ乗ると立派な受付コーナーがあって係員が座っています。
とても面白い!!
22117795_722615301266225_886032032_o.jpg22117795_722615301266225_886032032_o.jpg

乗車システムは、日本のバスと似ていて、チケット屋さんで7.5€の1日券を買って、乗車時と降車時にタッチして乗り放題。
公共の乗り物もとにかくデザインやフォルムが素敵で、すっかり憧れの街になりました。
雑貨屋さんもかわいくておしゃれ。Fashionableなお店の傍らにチーズ屋さんやチューリップの球根屋があって、オランダらしさを感じました。
22117795_722615301266225_886032032_o.jpg22117795_722615301266225_886032032_o.jpg
22117795_722615301266225_886032032_o.jpg


Trontから来たジェイミーと、見送りに行ったArendとDenisとDam広場で合流。
Koninklijk Paleis(王宮)と、Magna Plaza(元郵便局本局のshopping center)を横目にカフェでお茶をして一息。
22117795_722615301266225_886032032_o.jpg

圧巻の国立美術館はレンブラントとフェルメールなど名画の嵐、そしておしゃれな展示室は飽きることなく、素晴らしいの一言でした。
しかし撮影は自由、ガラス等で覆われることもなく、触れられる距離で見ることができます。赤ちゃんも子供も自由には入れて、でも中はとても静かでした。話しながら見ている人もいるのですが、この静けさが素晴らしい、と伝えたところ、Odileが「この建物の影響ではないかしら。使われている建築資材などが影響しているんじゃないかと思うの」とのこと。
そして男子大好きなオランダ海軍の武器コーナー。別に好きじゃない方もいるかもしれませんが、Arend、Denis、Jamieが銃や刀をはじめとする相当数の武器庫で盛り上がっていたのが印象的でした。



歴代の王妃が身に着けたであろうレースや、人形の家、日本の柿右衛門に中国の陶器などもあり、素晴らしい芸術が、オランダにまで到達していたことを知ることができました。



システマ仲間とこういった芸術を鑑賞する場所で一緒に過ごせたことは、本当に一生の思い出になりました。
特に感動したのは、Arendの気配り、たたずまい、歩き方。非常に素晴らしかったです。広大な美術館に散らばっている仲間がバラバラになっても、見所を押さえられるように、気づくとそっとやってきて、「ここもいいんだけど、この先にもっと素晴らしいコーナーがあるんだ」と連れて行ってくれました。「遅いよ」とか「もう閉館だよ」とかせかすことなく、静かにやってきてそっと案内してくれるので、誰一人「まだ見てるのに」などの違和感を感じることはありませんでした。また、芸術に対して皆興味を持って静かに夢中になっていた姿も、本当に印象的でした。
美術館見学後、外が寒かったこと、またこれからMoscowに行った後どうなるんだろうかなど、不安に駆られていると、そっと「Makiko
」と背中に手をあてて、声をかけてくれたArend。そして常にみんなが快適に過ごせているか思いやりながら、いつも笑顔のOdile。
お互いを信頼し、深い愛情を持ちながら、みんなを心からもてなしてくれた二人。

この2人と出会えたことは人生の宝になりました。こんな風に、いつでも前向きに、でも常に楽しく、愛情をもって過ごせる夫婦になれたらいいなあと思いました。

海外のSystema仲間と会場以外でともに過ごしたのは、今回が初めてでしたが、いつでもどこでも大変快適でした。さすがだな、と思う各国のinstractor達の立ち振る舞いとたたずまい。見習うんじゃなくて、自然にそうなりたいものです。

(2017.10.3)


[ 2017/10/05 05:24 ]

あちこちでシステマ①Amsterdam編 | コメント(0) |
Amsterdam 第7回 セミナー2日目
セミナー2日目。

スタートはTravellerな感じで始まりました。

・リュックまたはバッグを持って匍匐前進、背面前進
・2人一組で、1人がもう1人が背負っているリュックを自然にとる(話しかけたり、気をそらしたりするのもあり)
 肩からずりおろす、など。
・2人一組で、リュックを背負っている一人は、リュックをとられないように自然に歩きながら避ける
・4人一組で、3人が並び、1人は3人に向かって歩く。3人の間を自然にすり抜ける
・4人一組で、3人が並び、1人は3人に向かって、3人が避けたくなるような不快な行動や仕草をしてみる
・3人一組で、2人が1人をプッシュし、1人は2人を交差させたりしてプッシュを避け、二人を動けなくする
・4人一組で、3人が1人を動けないようにはさんだり押したりして、1人はそこから感じて動いて抜け出す(3人はもつれて倒れて終わるイメージ)
・椅子を使ったワーク。2人1組で、1人は椅子に座り、もう1人が向かっていき、座っている方は向かってくる1人を崩す。
and so on.

3人を不快にさせるtrainingでは、DutchとAmericanに「マジで気持ち悪いんだけど」といわせる動きができましたw
190近い背の高い人と組んだリュック争奪ワークは、やはり無理がありました(笑)自分がそんな人を狙うか、といったら狙わないけれど、そういう人が相手でも成り立つように練習しなきゃだなと思いました。
ミカエルの手品のような動きには、世界中のInstructor達も振り回されっぱなし。
Magicって一生できなそうだなと思うけど、Systemaができるようになったら、Magicもできるようになっている気がします。
充実した2日目でした。


[ 2017/10/05 04:42 ]

あちこちでシステマ①Amsterdam編 | コメント(0) |
| ホーム |