FC2ブログ
第31回 本当に先端から崩す
Здравствуйте!(ズドラストビィチェ=こんにちは!)

ちょっと寒い日もありますが、雨の日を重ねながら、いよいよ春本番になってきました。
各地で卒業式が開かれて、袴姿を見かけると、次のステップへ進むんだなあ、とワクワクします。

22117795_722615301266225_886032032_o.jpg


さて、あっという間に1週間が過ぎようとしていますが、17日(日)、久しぶりに先端から動くワークをやりました。
うまく入ると面白いように相手に伝わるこのワーク。
簡単にできるし余計な力がいらないので、本当におススメです(^^)!

トレーニングの内容は次のとおりです。

・仰向け前進・後退、左右
・背中合わせのスクワット
・サークルで片手プッシュアップ
・2人1組で、相手に指先をつまんでもらい、引っ張られた方へ移動する⇒1人でやる
・1人で、手のひらを回転させ、自分の向きを変える
・2人1組で手のひらを合わせ、指先から相手を動かす(片手・両手)
・2人1組で、一人が相手に向かって手を伸ばしてきたところを、指先から崩す⇒1対複数でやる
22117795_722615301266225_886032032_o.jpg
・2人1組で、手のひらを合わせ、相手を回転させる(片手・両手・いろんな方向へ)
22117795_722615301266225_886032032_o.jpg

・上記のワークをテイクダウンまで
・2人1組で、立っている1人の指先を掴み、先端から全身を崩す(片手・両手)
・1対複数で、いろいろな立ち方をしている相手(手を出している人、挙げている人、両手を出しているなど)を指先から崩していく


相手と手を合わせ、「先端から…」と動きますが、先端は爪先の辺りでありながら、気づくと手の平で押していたり、自分の意識とは違うところで方向が変わりやすいことこの上なく。日頃の生活でもそうですが、思っていたのと違う方向へ行ってしまうのってありがちです。
でも、先端から動けた時は本当にスムーズで、力みが一切生まれません。
このワークで良い感覚をつかみたい、今日この頃です。


【次回】
日時:3月24日(日) 10~12時  
場所:福山市武道館2F 柔道場  ※椅子を使ったトレーニングの予定です。

■練習会場の詳細はこちら↓
福山市武道館(福山市のWEBサイトにとびます)

■お車でお越しになられる方、駐車場情報はこちらです。

■参加に関するお問い合わせ先:systema_fuku★outlook.com(池岡)
・★を@に変えていただくと、メールアドレスになります。
・練習内容に関するお問い合わせも随時受け付けています。




↑日頃のトレーニングを配信中!


★お蕎麦は好きですかコーナー
ふくの山スタッフの私、実はとても蕎麦が好き。
そのお店が美味しいかどうかは、汁につける前に蕎麦を味わって判断します…!

≪福山駅前≫「かけそば」出雲そば大黒屋

駅前プライスで高いですが、甘めの汁に太目で短い蕎麦がなかなかマッチしていてちょっとハマってます。
大根おろしと卵をのせた温そばも、お腹に優しくておすすめ。

≪JR東京駅改札30秒≫「ざるそば」たけがみ 一轍そば
22117795_722615301266225_886032032_o.jpg
2月、日本橋の和紙屋から福山へ帰る途中、どうしても東京で蕎麦を食べたくて必死で探したところ、評判の良さそうなお店がエキナカに。これは行かねばと、出発間際まで(!)ざる蕎麦を味わいました。
美味しかったです。今度はぜひとも、隣の人が頼んでいた鴨せいろに挑戦したいです…


#システマ #福山市 #護身術 #ロシア武術 #健康 #Systema #Система

[ 2019/03/22 17:36 ]

ふくの山でシステマ | コメント(0) |
ロシア語で(по-русский):トレーニングで使う武器の名称
システマ(Система)のトレーニングで使われる武器の名称、ロシア語ではなんというのでしょうか。

モスクワ本部で土曜の午前中を担当しているインストラクター、Lev IvanovがYouTubeで本部のトレーニングの様子を配信してくれていますが、時折、そのタイトルに武器の名称が書かれていることがあります。
コンスタンチンの著書にもいくつか登場するので、辞書の情報を参考にしつつ、超簡単に紹介します。

※ここではごく一般的な名称とシステマで聞くものとを併記しますが、誤りや新しい情報がありましたら、ぜひ教えてください!


◆ナイフ…Ηож(ノシュ)男性詞
※辞書によると、ナイフ、小刀、包丁、刃
これが、ロシア語の特徴である「格変化」によって語尾が変化する上に発音も変わり、さらにナイフが2本以上の複数の場合、また変わります。語尾はどういう理由で変わるかというと「誰々のナイフ」「ナイフで刺す」「ナイフを使って」等の用途で変わります。参考までに、書いてみると…
Ηожа(ナジャー)Ηожу(ナジュ―)、Ηож、Ηожом(ナゾーム)Ηоже(ナジェー)、といった感じです。
もう原型とどめてないじゃん…とツッコミたくなりますが、ミカエルやダニールのセミナーでナイフワークをやっている最中にこの言葉が聴こえたら、ナイフのことかもしれません。

◆スティック(杖)…Палка(パールカ)女性詞
※辞書によると、棒・杖・ステッキとありました。

◆サーベル…Шашка(シャーシュカ)女性詞
※Wikipediaやロシアビヨンドをみてみると、元は山岳民族が用いていた刀剣であった、という説が有力のようですね。記事の信ぴょう性はわかりませんが、ご参考までに。【ロシアビヨンド】https://jp.rbth.com/arts/2015/01/23/51793
22117795_722615301266225_886032032_o.jpg

◆刀…меч(ミェチ)男性詞

◆銃…ружьё(ルゥジヨー)中性詞
※辞書によると、銃・小銃・鉄砲とありました。ナイフなどと違って聞き覚えや見覚えがないので、もしかしたら違う表現があるかもしれません。見つかった時は、追記します。

◆スコップ/シャベル…лопата(ラパータ)女性詞
22117795_722615301266225_886032032_o.jpg

◆ナガイカ(コサック鞭)…Нагайка(ナガイカ)おそらく女性詞

◆ボルチャッカ(コサック鞭)…Волчатка(ボルチャッカ)おそらく女性詞

ちなみに、普通のバージョンは…
◆鞭…кнут(クヌート)男性詞

◆チェーン…цепь(ツェル)女性詞

次回、24日のふくの山では、次の武器ならぬ道具?を使います!
◆椅子…стул(ストゥール)


次回は、身体の部位について、もう一度まとめてみたいと思います!
今日はこの辺で!

До свидания!(ダスビダーニャ=さようなら)




↑日頃のトレーニングを配信中!


#システマ #ロシア語 #健康 #Система #Systema #ロシア武術
[ 2019/03/17 16:01 ]

ロシア語で | コメント(0) |
3/13、15 基礎クラスメモ/歩く
Здравствуйте!!(ズドラストビィチェ=こんにちは!)

22117795_722615301266225_886032032_o.jpg
武道館2階、柔道場がメイン練習会場と化しています

今週水曜と金曜のワーク内容を、メモします。

◆水曜は、前回同様、以下のとおりでした。

・歩く(10分)
・武器でマッサージ(各5分)
 【スティック(長・短)/ウィップ(ボルチャッカ・ナガイカ)/ガン(ゴム・ガス)/ナイフ(刃の部分が長め、短め)/スコップ/チェーン】
・武器に導かれて足以外で歩く(各3分程度)

◆昨日は、同じ「歩く」を違うテーマでやってみました。

・横になって4つの音を聴く(ヴラッドセミナーの冒頭でやった、【4つの音】)
・4つの音を意識しながら、ゴム底の内履きを履いて木の床の上を歩く(歩く時は、足から動く)
・各種武器を持って歩いてみる
・上記を両手持ちでやってみる

2階の柔道場は人が一人もおらず、時々3階の居合の音や、鳥の鳴き声が聞こえる程度の静けさ。
周囲が静か過ぎると、横たわっていても(4種類も聞こえるかな)と思いましたが、(もっと聴こえるはず)と思って耳を澄ませていくと、少しずつ慣れて音を拾えてきます。鳥の鳴き声も、カラスと他の鳥の声が何種類か聞こえる…という感じで。
22117795_722615301266225_886032032_o.jpg
しかし、いざ「音を聴きながら歩く」段になって一歩踏み出した瞬間、聞こえていた音が一気に遠のきました。自分の足音がうるさすぎたのです。元々かかとからガンガンついてしまう癖があるのですが、足音がうるさすぎて、音を聴きながら歩くことは難儀でした。

思い出してみると、ミカエルやブラッドの足音が気になったことはありません。11月にブラッドが物凄いスピードで歩く見本を見せてくれた時も、周囲の音があったとはいえ、気になりませんでした。音が吸い込まれていくような歩き方のようにみえました。
むしろ、ブラッドが普通の歩き方を真似た時、かかとをつき、身体を揺らしながら歩いていたのが印象的だったくらいです。
うまくいえませんが、諸々「ブレているな」と感じる歩き方でした。
ザイコフスキーはわざと足音をたてることがありますが、普通に動いている時(トレーニング中)は、やはり足運びが静かだったように記憶しています。

さて、4種類の音を拾うために歩きだすと、足の着地の仕方には慎重になります。夜中の森で、チーム対抗戦のゲームをやり、誰にも気づかれないように気配を消しながら進もうとしたトロントキャンプの時を思い出しましたが、あの時は「見つからないように」と夢中でした。しかし昨日は「見つからないような雰囲気を出すトレーニング」と考えてしまったせいか、どういう風に歩いたらいいのか途中でからわからなくなってしまいましたが、それでも発見がありました。

足音を少しでも小さくするため接地に注意し、姿勢を整えて耳を澄ませて歩き続けていると、ふと、木の壁に、釘の色と同系色の蝿が一匹、とまっていたことに気づきました。さらに、天井にクモが一匹。
ただ(歩こう)と往復した時には、2匹がいたことには全く気づきませんでした。ニンゲン以外には気づかなかったと思います。
音を拾おうと足運びに慎重になった瞬間、彼らがいたことに気づいたのです。
システマのマスターや、お寺で修行を積んだ人の話でいわゆる「離れた部屋で線香の火が消えたことを察知することができる」系の逸話をいくつか聞いたことがありますが、それはおそらくこういうことか、と思いました。
普段の自分が、いかに何も聴かずに見ずにに歩いていることか…。恐ろしいですね。

さらに、武器を持って歩いてみることにしました。

発見1:モノを持っただけで歩きのバランスが崩れる。足音が一気に大きくなり、また一から調整し直し
発見2:スティック(長短)、ブーメラン(木製)、チェーンは、持ってもそんなに手の中のバランスが崩れない(違和感がない)
発見3:ナイフ、特にウィップ、スコップなど、柄があって先に金具がついているようなモノを持つと、手から伝わる情報量が増えてバランスが崩れやすくなる
発見4:「考え事」を始めると、母指球に体重がかかり、膝の内側に負担がかかり始める

漠然と、もし、歩いている最中に手の中から「歩くことと関係のない情報」が頭に入ってきたら大変なことになるなと思いました。
ナイフやスコップだけでも、相当な「情報」が入ってきました。蝿やクモのことを忘れてしまうような。
ウィップなんかは、持ち手や表面は皮で、その先端に鉛が入っているという情報が頭に入っているせいか、バランスが本当にとりにくいと感じました。持ちながら、あちこち緊張して普通に歩けないイメージでしょうか。

入ってくる情報が【重さ】なら、日頃無意識にやっているバランス調整能力で脳を使うこともありませんが、いわゆるスマホからのゲームやネットなどの歩くことと関係ない情報だったらどうでしょう。
昨日はスマホを持って歩きませんでしたが(笑)歩みのバランスはグチャグチャになりそうです。

時折音楽を聴きながら走ったり自転車、車を運転したりという方をみかけますが、走るために聴く、聴きたいから走る、眠気をとばすために聴く…という別の目的があることを考えれば、そこまで問題はないのでしょう。ドライバー向けのラジオなんかもありますしね。何のために歩くのか、ですね。

また、歩き慣れしてくると、静かな道場の中ではモヤモヤ考え事が浮かんできました。
(ブログにあれ書こう、あ、これも、書き出しはこんな感じで…ああメモしたい…でも今はダメだから覚えておこう…夕食はどうしよう…あのスーパーに寄って…いや、野菜がほしいから…)
本当にとりとめもなく、次々と浮かんでくるのです。そうするとまた足元がおざなりになって、内側重心になってしまい、かかとを強くついて母指球で蹴る、日頃の歩き方に戻ってしまいました。

これまで3回、歩くことをメインに武器に触れるトレーニングをしてきたつもりでしたが、何にもわかっちゃいなかったなーと深く反省しました。ま、千里の道も、一歩から!


【3月のクラス】
◆土日クラス:
17日(日) 10時~ 福山市武道館3階
24日(日) 10時~ 福山市武道館2階
◆基礎クラス:
毎週水曜・金曜 13時~ 福山市武道館2階か3階




↑日頃のトレーニングを配信中!



#システマ #福山市 #護身術 #Система #Systema #ロシア武術
[ 2019/03/16 16:04 ]

ふくの山でシステマ | コメント(0) |
ロシア語で(по-русский):3月8日は女性の日
昨日の話ですが…

facebookで、ダニール・リャブコやコンスタンチン・コマロフが花や数字の画像とともに女性へのメッセージを投稿していました。
一体何があったのかというと、昨日は日本語でいう「女性の日」でした。
ロシア語で書くと、

Международный женский день
(国際婦人デー・国際女性デー)

となります。長すぎて匙を投げたくなりますが、
単語を分解すると、次のようになります。

■Международный(メジドゥナロードゥヌィ=国際) 
※Между-(接頭語:メジドゥ=~の間)、народный(形容詞:ナロードヌィ=国民の)

■женский(形容詞:ジェンスキー=女性の)

■день(ディエ二=日)

この日は、ロシア独自のお祝いというわけではなく、起源はアメリカ、1904年に女性労働者が婦人参政権を要求した日が元となり、世界に「女性の日」として広がっていたものです。
この3月8日という日は、実はロシアにおいてはロマノフ王朝が倒れた2月革命の日(旧暦2月23日)でもあったため、昔は政治的な意味を帯びた記念日だったそうですが、今は政治に絡むことなく、「女性を祝う日」と位置づけられている…と、ロシア語の授業で教わりました。
ナターリア先生によると、この日、男性は女性に、花束とケーキをプレゼントするそうです。
花は、ミモザやチューリップなど、この季節に咲く春の花が一般的とのこと。
黄色く小さくて可愛いミモザの花束をプレゼントされるなんて、いいですね(*^_^*)


●この日、時期的にもホワイトデーのようなイメージですが、バレンタインデーに似たロシア・オリジナルの「男性の日」もあります。
毎年2月23日、近年では「祖国防衛者の日」と呼ばれているようです。

ロシア・ビヨンドによると、この記念日がなぜこの日に制定されたのかは明確でないようですが、記録には残っていない「1918年にドイツ軍を撃退した日である」…という説が定着し、名前を変えながら定着したとか。
しかし、現在では、軍人でなくても一般男性が皆、感謝の対象になる日となっているそうです。
参考記事:ロシア・ビヨンドhttps://jp.rbth.com/arts/2017/02/23/707578


実は国際男性デーもあって、11月19日だそうですが、日本ではどっちもまったく定着していない気がします。
日本は戦後になってようやく婦人参政権が認められたことを思うと…国民性の違いを痛感せざるを得ませんが…

まあ、バレンタインやホワイトデーとはまた別に、こういう日を祝ったり感謝したり、というのは、悪くないですね!




↑日頃のトレーニングを配信中!


#システマ #ロシア語 #健康 #Система #Systema #ロシア武術 #護身術
[ 2019/03/09 15:22 ]

ロシア語で | コメント(0) |
3/6、8 基礎クラス・ワークのメモ
Добрый день!(ドーブルィ ディエニ=こんにちは!)


福山も大分春めいてきました。武道館の近くは、もう桜が7分咲き🌸
22117795_722615301266225_886032032_o.jpg


ってこっちは満開((;゚Д゚)))))??!!
22117795_722615301266225_886032032_o.jpg
武道館の入り口に、立派な杉の木が…。
目撃してしまったせいか、トレーニング中、くしゃみが止まらなくなりました。
隣の居合の方にご迷惑をおかけしそうだったので、あわててマスク装着。
呼吸が苦しくなったところで、今週から始めた基礎クラス、1人ワークの内容メモです。


・歩く(10分)
 色々な方向へ/ドタバタしないで、一定のスピードを保つ/目を閉じて音を頼りに歩く

・武器でマッサージ(各5分)
 スティック(長・短)/ウィップ(ボルチャッカ・ナガイカ)/ガン(ゴム・ガス)/ナイフ(刃の部分が長め、短め)/スコップ/チェーン
 それぞれの武器の仕様を確認。
 道場内の壁、黒板、柱、段差、大きなスプリングマット、柔道用のゴムチューブなどに色々な部位を当てて、どんな風に使えるかを確認する。

・武器に導かれて足以外で歩く(各3分程度)
 腰、膝、ローリング、匍匐前進、仰向け前進などいろいろな姿勢で/片手・両手持ちなど状況を変えて
 

以上です。大体1時間半くらいでしょうか。
一度に手元にある武器全部触れるなんてやりすぎなんじゃと思いましたが(そういえばシャーシュカを失念していました)、時間を区切って強引に全てに触れていると、あーこんな風に使えるんだと発見すること山の如しでした。

武器に関する「自分の好み」や、全ての武器に共通する「好みの持ち方」には、その人なりの共通点があるような気がしてきています。
どれも日常生活で使いませんけど(笑)例えば銃、撃たなくてもこうやったら立派な武器になるなあという位置がありました。

数年前、ミカエルが東京で銃のワークをやった時、ミカエルが撃たれる側にも関わらず、既に構えている相手に撃たせない、撃たれる前に取り上げてしまう場面を目の当たりにしました。
さらにDVDで販売されている「システマ槍術」で公開されていますが、自分より明らかに長い槍をいとも軽く扱う様子にも度肝を抜かれました。当時私は、軽いスティックでさえずっと持っていると重いと感じ、さらに自分では持ち上げられないほど重かったあの槍を、ミカエルがいとも軽そうに持って振り回す姿は圧巻で、三国志とかに登場する伝説を目の当たりにしているような気持ちになったのを覚えています。魔法のスティックみたいに見えました。

ミカエルはオランダでも、朝食時に手に持ったナイフをくるくる回して、手を動かし続けていました。
彼にとって手に触れるものは、すべて何かしらワークに活きるのでしょう。

よくわかんないなあ、という方、日常生活で使うちょっとした刃物など…ハサミやカッター、包丁やステーキを切るナイフでも良いのですが、おそらく他の人と比較すると、手の大きさや男女差等々で微妙に力点や持つ位置が違うのではないかと思います。
といっても、日本人の手に収まるように作られているモノばかりですから、大きな違いはないかもしれませんが。

システマで使う武器はその何倍も大きいわけですが、そうなるともっと差が出てくるのではないでしょうか。
特にシャーシュカは、私は小さいので、普通のサイズだと引きずってしまうため、短い方が良い、と言われたことがあります。
シャーシュカのような一生ものは「自分に合うサイズ」を探した方が良いのかもしれませんが、このトレーニングを通じて、モノにとらわれない心地良い位置を見つけていきたいと思います。
生活の様々な場面で役立つのではないでしょうか。

あ、基礎クラスは、いつもこれだけの予定ではありません。
もし誰かいらしたら、このワークを2人バージョンに発展させていきますので、ご安心を!




↑土日クラスのトレーニング、絶賛配信中!


#システマ #福山市 #護身術 #Система #Systema #ロシア武術


[ 2019/03/09 14:32 ]

ふくの山でシステマ | コメント(0) |
| ホーム | 次のページ>>